前澤ファンド 求む!!十人の起業家に応募  【早すぎる評価コメント返信】の謎が解けた

頭の中

前澤ファンドに応募し、落選しました。

見たい人が沢山いると思うので、

恥を忍んで、【前澤ファンド 評価コメント資料】を載せます。

 

前澤ファンド 応募総数4,331件。

平均資料が10枚だとすると、4万3千枚に目を通さなくてはいけない。

4万3千枚。。

 

お札は新札100枚で1cm。

つまり

新品用紙で4m30cm。

 

印刷したものを積み上げたら、その高さは10m位か。

3階建ての家より高い。

 

それらすべてに目を通し

4月末日までに応募者全員にコメント付きで結果を送り返すという。

しかも、一つの応募に対して、10個のコメントが書かれている。

【評価コメント返信が早すぎる】謎は解けた。

 

 

>提案者様の今後のためにも遠慮なく厳しいコメントを返す。

とツイッターで言われているが

百歩譲って前澤さんが全てに目を通していたとしても

コメントはテンプレを送っている。

 

こちらが頂いたコメント。

 

私が提案したの方がは、特許申請中のものである。

頂いた10個のコメントで的を得ていないものが何個かある。

 

恐らく、AとかBとかCと付けていき

Aに対応するテンプレをプログラムで自動で挿入していくのだろう。

ではなければ時間的に出来るわけない。

 

 

誰にも当てはまりそうなテンプレのコメントで、誰の胸に響くのか。

今回応募した人は、曲りなりにも、10億出資してもらおうと思った人々である。

 

 

今回の前澤ファンドのコメント返し

日本語にはぴったりな言葉がある。

慇懃無礼

 

今回の出資獲得者が、前澤さんと繋がりのある――出来レースでは無かった事を願うばかりである。

 

まとめ

 

送ってもらった前澤さんの結果通知は、本人が豪語するようにデザイン性に優れたものだと思う。

 

たださ、一週間の期限で、デザインを望まれてもさ。

デザイナーが常駐している会社経営者しか対応できないでしょう。

皆、働いているのだから。

>学生もщ(゚Д゚щ)カモーン。

と言われていますが、学生の10万は、きつかったでしょうね。

 

初めの条件で、

「資料のデザインは重きを置く」

と提示して頂けたら、応募しない人は沢山いただろう。

 

【そこはセンスよ、加味して?】

と言うなら、

後から付け加えられた、

守秘義務の文言、記述タイミングに疑問を感じます。

応募する時、無かったからね。こんな文言。

 

 

お年玉企画はフォロワーを増やして宣伝広告の代わりにする為にされている。

今年は税金を沢山払わなければいけないので、税金対策で沢山のお金を色々使われているのです。

 

前澤さんを救世主だと思っている人々には、

前澤さんが不祥事を起こせば、がっかりするでしょう。

ベッキーさんの不倫のように。

 

はじめいいイメージの人は辛いですね。

 

 

【本気のコメント返し】がこのような物になると

これからの前澤さんの言葉は軽くとられますね。

 

 

 

コメント欄に

【前澤ファンドへの応募をした人】の意見や

【早すぎるコメント返信】の謎

で違う予想がありましたら教えていただけたら嬉しいです。

 

 

NASAが発表した地球外生命体と日本の水についてへ

ホームへ

 

コメント

  1. しゃけ より:

    この度の落選、心中お察しいたします。
    大金を払った上で、長期の期待と不安もあったと思います。
    私は事業投資会社のマネージャーをやっていたことがあります。
    前澤さんほどではないですが、毎日何件もの案件が持ち込まれ、それを精査していました。
    その際に感じたことが、資金が出せるかどうかの基準から外れる案件は、まるでパターンかのように同じような外し方をするということです。それがいくつかのパターンに別れます。
    私は同じような説明をしてお断りをする毎日を過ごしました。
    そういう意味では、意外とテンプレート化できるものであると思います。
    銀行の融資でもファンドでも、審査はまずテンプレートです。
    ちなみに、なんと説明していいかわからない、かなり外した案件を持ち込まれることもあります。そのような人ほど、どこがダメですかと何度も聞いて来る傾向が高いです。
    あなたの案件を拝見させていただいたわけではないのですが、この回答が何を言わんとしているか、なんとなくわかります。
    実際あなたも気がついているのだと思いますが、せっかくチャレンジしたのですから、まずは客観性を持って見直してみてはいかがでしょうか。

    • いも より:

      貴重なご意見ありがとうございます。
      又、同じ立場でのお仕事の話、勉強になります。

      選択肢をもっているのは、前澤さんなので、落選については、仕方ないと思っています。

      憤りを感じるのは、あてはまらないコメント返しでございます。